« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その1~】 | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その3~】 »

2018年7月22日 (日)

【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その2~】

 以前にもこのブログで話したことがあるが、浜坂は転校を機に小3~中3までの7年間、「いじめ」にずっと苦しんできた。

 中2のときに、愛知県西尾市で、当時同じく中2だった大河内清輝君がいじめを苦に自殺し、それが大きく報道されたのを機に同世代の自殺が相次ぎ、社会問題になった、そういう時代をくぐりぬけている、というか、「生き延びている」。

 当時、西尾市の事件の報道を見て、「今さらになってこんな当たり前のことを言うなんて、大人はどれだけ分かってなかったんだ!」とやるせない気持ちになったのを思い出す。「浜坂も、テレビで何か言っている大人みたいに、ちゃんと声を発して、社会をぶった切ってやりたい!」などと過激なことを思いつつ、大学の教育学部に進学した。

 大学の実習で福祉作業所を訪れ、そこで知り合った障害のある方と実習後もボランティアでお付き合いをするようになったのが、福祉を志すきっかけとなった。

 しかし、卒業後は長く続く仕事にめぐりあえず、学童保育や特別支援学級の臨時教員、本当に仕事に困った時期は自動車工場や町工場にお世話になって生計を立てながら、何とか現在の仕事にたどり着いている。

|

« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その1~】 | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その3~】 »