« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その6~】 | トップページ | 安室奈美恵の引退と、ジャーナリズムの衰退に、思う。 »

2018年7月22日 (日)

【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その7~】

 悲しんでばかりもいられない。浜坂は、明日からも、仕事をしなければいけない。

 障害のある方と日々向き合って、「他の者との平等」(障害者権利条約)を実現する仕事に、しっかりと向き合っていく。

 障害のある方のいのちは、障害のない私たちと同じくらいの重さがあって、価値がある。そして、人間のいのちは、かつてこの国の政治家が言ったように「地球よりも重い」。

 「いじめに苦しむわたし」「過労死寸前のわたし」「ネットカフェに泊まるお金もなくて、電車にでも飛び込んでしまおうか考えているわたし」と「障害のあるあの人」は、「生きづらさを抱える」という意味で、また、「人として幸せになりたい」と願っている意味で、ひとしく「地球より重い」価値がある。

 お互いが攻撃し合い、潰し合うのではなく、それぞれが幸せになれる方向へ、予算を回し、制度を整え、法律を作り…ということを、政治家でも何でもない「わたしたち」がやらなければならない。「障害のある人」は、まさしくそれをやってきたのだ。それぞれが幸せになれる社会の実現をめざす活動を。

 だから、そこに敬意を表し、浜坂もそういう仕事をする。

 ただ、それだけの話である。若輩者の浜坂でも語ることのできる、取るに足らない話である。

|

« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その6~】 | トップページ | 安室奈美恵の引退と、ジャーナリズムの衰退に、思う。 »