« 【ライブ告知】5月5日、大和で歌います | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その2~】 »

2018年7月22日 (日)

【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その1~】

 津久井やまゆり園の事件から、まもなく2年となる。

 事件の影響というのはあまりに大きいもので、浜坂のような取るに足らない人間の下にまで、最近、取材の話が来た。

 浜坂ひとりでは、話すことなど何もないと思い、同じ仕事をしている仲間にお願いして複数で取材を受けることになったのだが、そのあとになって、はたと思い返してみた。

 事件を受けて、県レベル、全国レベルの組織の長などがマスコミに盛んに登場しているが、植松被告と同じような若い世代の声は、あまり世間に届いていないのではないか。

 だとしたら、どれほど自分が若輩者であったとしても、どれほど背伸びをしてでも、まだ「若い世代」とくくられるうちのひとりとして、語らなければいけないことがあるのではないか。しかも、その「語らなければいけないこと」は、それこそ植松被告と比較的年齢が近い浜坂の、ごくごく私的な「ライフヒストリー・ライフストーリー」の中にこそ、隠されているはずだ。

 そう思い、「事件を振り返る」という意味で、浜坂のことを、語ってみたいと思う。

|

« 【ライブ告知】5月5日、大和で歌います | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その2~】 »