« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その3~】 | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その5~】 »

2018年7月22日 (日)

【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その4~】

 浜坂自身は、大学時代に知り合った障害のある方のボランティアをする中で、一緒に笑い、一緒に旅行し、一緒にお酒をのみ、いろんな話を聞いた。そしてその方の知り合いである同じく障害のある方と何人もかかわりを持ち、同じ経験をした。

 この原体験が、障害のある方について「何も変わらない。浜坂と少しも違わない。『人として幸せになりたい』と願っていることについては」という浜坂の信念となって、今も息づいている。そして、そのまさしく浜坂と何も変わらない方たちが、障害があるということで、いろんな生きづらさの中で暮らしていて、しかもそれを無くそうと、毎年行政へ出向いて制度改善へ向けた市民運動までしていた。

 「いじめ」という学校制度のひずみに苦しみ、そこから逃れてきた浜坂と、障害があるための「生きづらさ」に直面しながらそれを変えようと社会へ関わろうとする彼らの生き方が、浜坂の中で重なって見えた。

 このような視点で障害のある方が置かれた歴史を知っていくと、「いじめ」の嵐が吹き荒れた浜坂の多感な時期とは比べ物にならないほど、差別され、隔離され、人格を否定されながら、それでも「社会のひずみによって奪われた人間らしい暮らしを取り戻そう」と闘ってきた歴史の連続であった。

 この方たちと一緒になって「社会と関わる、社会へ向けて声を発する」ことをしていったら、浜坂も幸せになれるのではないか、浜坂も過去の「いじめ」と向き合えるのではないか。

 このようなことを今も時々考えながら、日々の業務にあたっている。

 生身の人間に向かい合う仕事なので、基本、苦しい。時には、「障害があると言って、甘えてるだけなんじゃないか」という場面に遭遇することもある。

 時々、「浜坂がこんなに苦しい思いをしているのに、障害のある方といったら…!」という考えに傾くことが、まったくないと言ったら、それは嘘になる。障害のある方自身が、障害に「甘えて」、ある種わがままのようなことをいう場面も、正直、ある。

 しかし、根底にあるのは、「人として幸せになりたいと願っていることについては、浜坂と何ら変わらない」という信念であり、障害のある方を支援する上で「問題行動」とされることも、ここから来るものだという認識がしっかりできていれば、克服するのは割と簡単で、多くの職員は、しっかりと克服している。

 植松被告の場合は、残念ながら、克服することができなかったということだ。

|

« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その3~】 | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その5~】 »