« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その5~】 | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その7~】 »

2018年7月22日 (日)

【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その6~】

 もうひとつ、指摘したいことがある。

 浜坂は、障害のある方が、生きづらい暮らしを変えようと、行政に関わったり、市民運動にかかわる姿を見てきた。

 障害のある方は、長年このような運動をすることで、少しずつ自らの制度を良くし、生活を向上させてきた。

 いじめに苦しんでいた多感な時期、「新聞で報道されたあの子みたいに、浜坂もどんな方法で自殺したら新聞に取り上げてくれるだろうか」とか夜も寝ないで考えたり、また、神戸連続児童殺傷事件の「透明な存在であるボク」という言葉に共感し「どうせ自分が自殺したって、誰にも何も関係ない。だって、はじめから自分は透明なんだから」などと日記に書きなぐったりしていた浜坂が「透明な存在」でなくなったのは、障害のある人と関わる中で「社会と関わる」ことを知った時だった、と考えている。

 「社会と関わる」ことをしはじめた瞬間、同じような考えの人がいたり、自分の考えに反対する人がいたり、「社会」とか「時代の流れ」とか「日々のニュース」とかを、「自分の考え」を基本として自分の中に位置づけしなおす作業がはじまる。その中で、「自分はどうやって生きていこうか、どうやって社会や、時代の流れと関わっていこうか」と、大きな視点でものを考えることになる。「透明な存在」から脱し、「自分が死んだら、誰かが悲しんでくれる」と思いはじめ、自分自身を肯定し、大事にしようと思えるようになったのも、この頃からだ。

 いじめに苦しんでいたり、過労死寸前の状態に置かれていたり、引きこもりを強いられているような方が、それを「社会のひずみの結果」として社会を変えていく、まさに「社会的に正しい」方向へ意識を向けるのではなく、ネットで飛び交う「仕方がないよねえ」「そんなもの、自己責任だろ!」の言葉に潰されたままだと、「透明な存在」は、ずっと「透明な存在」であり続ける。

 そのような人が考える「社会から認められたい」欲求、いわゆる「承認欲求」は、どのような結果を生むのだろうか。

 おかしな動画をネットにアップして「いいね!」をもらうことだろうか。

 「誰でもいいから」無差別に人を殺して新聞に載ることだろうか。いずれも、過激で「反社会的」である。

 あるいは植松被告は、「社会から認められたい」だけで、その方法など、どうでも良かったのかもしれない。「社会から認められるために」「過激で」「反社会的な」ことを考えていて、たまたまたどり着いたのが「優生思想」であり、以前勤務をしていた障害者施設であったとしたら、実に悲しい。

|

« 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その5~】 | トップページ | 【津久井やまゆり園の事件から2年で、想う。~その7~】 »