« 【ライブ告知】10月15日、用賀で歌います | トップページ

2017年10月 7日 (土)

あ、そうか。

 相模原障害者殺傷事件を考えるシンポジウムを、観に行った。

 横浜市でグループホーム建設を反対する運動に遭った話から、生活保護へ話題が飛び、障害当事者の方がフロアから発言。

 「憲法で生活保護が保証されているのだから…」

 「憲法で『健康で文化的な』と書いてあるが、生活保護の方はこれが実現できていると、シンポジストの方は思いますか?」

 お二方から相次ぐ。

 シンポジウム開始から90分が経過して、突如として「憲法」という言葉が相次いで出されたことに、新鮮な驚きを感じた浜坂。

 あ、そうか。

 誤解を恐れずに言うと。

 憲法って、弱い者の味方なんだ。

 社会的弱者とか、生きづらさを感じながら生きる、すべてのひとたちの、味方なんだ。

 どんなひとでも、「あなたは生きてていいよ。死なないでいいんだよ」って、言ってくれてるのが、今の憲法なんだ。

 改めて、気づかされた。

 備忘録として、ここに書き記しておく。

|

« 【ライブ告知】10月15日、用賀で歌います | トップページ