« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月28日 (金)

【ライブ告知】5月13日、小田急相模原で歌います。

 浜坂想良、次回のライブは、5月13日、小田急相模原エルトピートです。
 【EL TOPITO ライブ5.13】
 
 日時:5月13日(土)、19:00開演

 出演:浜坂想良、Woody、宮本修兵、梅谷英之、BDバッヂ
 
 場所:
 小田急相模原EL TOPITO(小田急相模原駅南口徒歩1分)
 TEL:042-738-7362
 http://www.el-topito.com/index.html
www.el-topito.com
Youtube【ライヴ動画】 小田急相模原駅の南口を降りて左手のパチンコ屋とコンビニの間の道を通り、しばらく行くと右手に ...


 
 料金:500円+オーダー
 今年に入って、何回も対バンをさせていただいているBDバッヂさん。
 BDバッヂさんがいていただけると、なんだか胸をお借りするような感覚があって、不思議な安心感があります。
 今回も、胸をお借りする気持ちで、がんばります。
 みなさま、お待ちしています!

|

2017年4月25日 (火)

4月23日、「日比谷解放区」@日比谷野外小音楽堂、セットリスト。

 4月23日、日比谷野外小音楽堂でのライブイベント「歌人会PEPE企画 日比谷解放区」へご来場いただきました皆様、ありがとうございました!
 
 【セットリスト】
 
 1.再会
 
 2.相武台前
 
 3.川崎球場
 
 4.北へ向かう列車を

 5.帰り道(佐藤友)
 
 でした。


 本当に久しぶりの、日比谷での出演。

 長い長いトンネルをくぐり抜けて、この場所に帰って来られた喜びをかみしめながら。

 ずっとずっと待っていてくださった「歌人会」主宰のPEPEさんに感謝しながら。

 気持ちを込めて、歌を歌わせていただきました。

 よしろうのすけさんの「SBC!オーイエー!」に、ツボにはまりながらコール&レスポンスをして。

 yohkoさんの曲を聞きながら、お客さんとして来ていた家族連れが楽しく過ごしているのをながめて。
 
 遠藤翔太さんのパワープレイに、最前列からエールを送って。
 
 ジョニー笹川、ササさんのバラードに身を浸して。
 
 小島友梨子さんのフルートでますます心癒されて。

 天晴さんの「シオムスビ」を、大合唱して。

 スタッフの悪代官さんと一緒に撤収作業をする瞬間、「ああっ、なんか帰るべき場所に帰ってきてるっ!」としみじみ感じて。

 何だか、月並みな表現しか出てきませんが、本当に忘れられない1日になりました。

 何度も空を見上げました。はるか遠くに思いを飛ばしました。

 「ありがとう」と小さくつぶやいて。

 また、気持ちを新たにして、音楽活動をしていきたい。
 
 浜坂想良を、これからもよろしくお願いします。

|

2017年4月20日 (木)

【再告知】4月23日、日比谷で歌います

 浜坂想良、日比谷でのライブ、いよいよ3日後となりました。

 歌人会PEPE企画「日比谷開放区」
 4月23日(日) 11:30〜15:30
 日比谷公園野外音楽堂(小音楽堂)
 入場無料 雨天決行 荒天中止 

 出演 浜坂想良 よしろうのすけ yohko 遠藤翔太 ジョニー笹川 天晴
 
 歌人会ホームページ http://www.milmil.cc/user/utabito/
 

 うららかな春の陽気の下。旧知の仲であるミュージシャン。はじめましてのミュージシャンも。変わらず楽しみに来ていただけるお客様も、通りすがりに何となく立ち寄ったお客様も。

 なかまと歌を歌える喜び。この場所で歌える喜び。同じ時間を共有できる喜びをかみしめながら。

 感情を出し過ぎて周りから浮くのが浜坂の悪いクセなのでそこは気を付けますが、それでも内心はうれしくて仕方ないのです。

 みんなと楽しく、和やかな時を過ごしたい。遠く遠く離れている人へも、想いを飛ばしながら。

 お待ちしています!

|

2017年4月17日 (月)

4月16日、「東京ゆがぜん!」@用賀ルーチェ、セットリスト。

 4月16日、用賀ルーチェでのライブイベント「東京ゆがぜん!」へご来場いただきました皆様、ありがとうございました!
 
 【セットリスト】
 
 1.再会
 
 2.北へ向かう列車を
 
 3.川崎球場
 
 4.大聖寺駅

 5.相武台前
 
 でした。


 MCでも言いましたが、イベント企画者の柴田ヒロキさんとは、同じ地方出身(石川県&奈良県)ということもあって不思議なシンパシーがあり。

 MCでは触れませんでしたが、最後の曲、「相武台前」という、変なタイトルの曲。

 神奈川県座間市の「相武台前」駅の周辺に、浜坂や柴田ヒロキさん、その他何名かのミュージシャンが住んでいたり、バイトしていたりしていた頃のことを歌った歌。

 「新宿からひと駅ずつ遠ざかりながら たずね歩いて見つけた小さな部屋 荷ほどきもそこそこにギターをかついで 飛び出した気持ちは 俺たち みな同じ」というフレーズ。

 これは、柴田さんが上京する際に部屋を見つけた時の様子を、いつだったか浜坂に話してくれたことが、そのまま歌詞になっています。

 東京に出てきたはずが、東京都内は家賃が高くて住めず、どんどん遠ざかっていった結果、神奈川でしたっというオチですね。

 浜坂も「大学入学と同時に、東京に出てきたつもりが、実は埼玉の大学でしたっ(笑)」という話を昨日しましたが、そんなところでも、シンパシーを感じたりします。

 柴田さんと一緒にライブができて、本当に良かった。

 また、歌わせてください!

 みなさま、ありがとうございました。

|

2017年4月 9日 (日)

【再告知】4月16日、用賀で歌います

 浜坂想良、次回のライブ「東京ゆがぜん!」、いよいよ来週になりました!

 【東京ゆがぜん!vol.73】
 2017/04/16(日曜)
 場所:Studio luce(スタジオ・ルーチェ)
 東京都世田谷区用賀4-1-2 アパートメントK 1F
 (東急田園都市線「用賀」駅下車、徒歩3分)
 OPEN 17:00 / START 17:30
 MusicCharge¥1500-(1ドリンク込)

 出演: 斎藤智春/浜坂想良/柴田ヒロキ

 浜坂はブランクがある分、なおいっそう斎藤さんや柴田さんに対し「挑戦者」的なスタンスで臨むことになります。

 だけど、それ以上に、この3人でステージができる喜びを、かみしめながら、お届けしたいと思います。

 お待ちしています!

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »