« 「他人に迷惑をかけてはいけない」という嘘。 | トップページ | 「ズルい生活保護者」には働けないワケがある 人が「貧困」に陥る3つの無縁と3つの障害 »

2016年7月 2日 (土)

若い貧困者が「生活保護はズルい」と思うワケ 生活保護者は、働かずに飲んだくれている?

若い貧困者が「生活保護はズルい」と思うワケ 生活保護者は、働かずに飲んだくれている? (東洋経済オンライン)

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e8%8b%a5%e3%81%84%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e8%80%85%e3%81%8c%ef%bd%a2%e7%94%9f%e6%b4%bb%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e3%81%af%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%81%84%ef%bd%a3%e3%81%a8%e6%80%9d%e3%81%86%e3%83%af%e3%82%b1-%e7%94%9f%e6%b4%bb%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e8%80%85%e3%81%af%ef%bd%a4%e5%83%8d%e3%81%8b%e3%81%9a%e3%81%ab%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%a0%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bc%9f/ar-AAhKDb4?ocid=DELLDHP#page=2

「いや、そうじゃない」という、しっかりとした指摘をしていて、読みごたえのある記事。

シリーズとしての、この前の記事「貧困報道を「トンデモ解釈」する困った人たち ある階級の人たちは「想像力」が欠如している」も、タイトルのキツさとは裏腹に、非常に論理的な構成で、考えさせられる記事だ。

人権とは何か、自由とは何か、平等とは何か。障がいのある方を支援する仕事をするということは、否応なくそういうことを考えるということ。浜坂は往々にして過激になるので、時としてお叱りも頂戴して反省もするが、それでも、基本的な方向性は間違ってないよ、と自分を受け入れてくれている方に囲まれていることに、心からうれしくなる。

この、基本的なところを理解されないことも多々ある。本当につらい。昨日も仲間・先輩にグチを聞いてもらった。この方たちと出会っていなかったら、今頃浜坂はどうなってしまっていただろうと思う。

「ダメだよ、逃げちゃ。」「ハマちゃんって、ほんと、好きだよね、そういうの」。優しい言葉をかけてもらったことが心の支えとなって、今、てんびんのように、心のバランスがかろうじて保たれている。関係者のみなさま、ありがとうございました。

来週に向けて、今日も、がんばる。どうなることやら。人権とは何か。自由とは何か。平等とは何か。当たり前の議論ができる場所に、いたい。

|

« 「他人に迷惑をかけてはいけない」という嘘。 | トップページ | 「ズルい生活保護者」には働けないワケがある 人が「貧困」に陥る3つの無縁と3つの障害 »