« 阻止されたヘイトスピーチ 対策法で根絶なるか~その3~ | トップページ | 学校で大「恥ずかしい」→全部個室にします~大和、全市立小中学校で完全個室トイレ~…その1 »

2016年6月18日 (土)

阻止されたヘイトスピーチ 対策法で根絶なるか~その4~

それは、障がいがあるゆえの「苦しみ」ではなく、障がいのない人と「同じ苦しみ方」を、私もしたい、という意味において。「抜き打ちテストとか、山積みの宿題とか、掃除当番とか、したい。みんなが面倒くさいと言ってしまうことでさえ、幸せ。」あしなが育英会のコマーシャルに出てきた、名言のように。それだけ、障がいのない人と同じ生き方ができていなかった、ということだ。ひるがえって、在日の方も、ということか。

 

「みんなと同じくらしがしたい」。この思いに応えてくれる人は、誰か。この思いに応えてくれる政治家は、誰か。

 

障がいのある方を前にして、一見笑顔で接しながら、「障がいのある方の権利」と言った瞬間に、眉をひそめる政治家はいないか。「遠巻きに眺めているだけの人ごとのような響き。共に生きようと投げられたボールからひょいと身をかわすような態度」を取る政治家はいないか。

 

「日本人に『権利』という言葉はなじまない」と発言した政治家もいる。それも、厚生労働委員会に所属する政治家で。「国会で福祉に関して最も理解してくださる厚生労働委員会において、障害があることで排除されたことは、深刻なこの国の有様を示している」という、衆議院の参考人質疑出席を拒否されたALS当事者、岡部さんの言葉を思い出さずにはいられない。

 

参議院選公示前、あまり過激なことはこれからは控えなければいけないので、このタイミングで、前から紹介したいと思っていたこの神奈川新聞の記事を紹介した。「控えなければいけない」という、言論の自由を自ら制限していることに、沈痛な気持ちになりながら、文章を閉じることにする。

|

« 阻止されたヘイトスピーチ 対策法で根絶なるか~その3~ | トップページ | 学校で大「恥ずかしい」→全部個室にします~大和、全市立小中学校で完全個室トイレ~…その1 »