« テレビ報道の「顔」相次ぐ降板… 各局「公正」注文で及び腰? | トップページ | ライブハウスを守れ!~真剣に考えなくてはみんなの居場所がなくなる »

2016年6月 1日 (水)

オバマ氏「広島に来てよかった」

 昨年から今年にかけて、いろいろとメンタル的にきつく、関係者のみなさまにはご迷惑をおかけしました。
 
 じわりじわりと回復することもありますが、浜坂の今回は、先週1週間で様々なことを考え、何だか「一気に」吹っ切れた感じです。
 
 仕事が楽しい。こんな感覚、久しぶりです。
 
 まだ気分の浮き沈みが激しいところもあったので、昨日の振替休日(夕方に1件だけ仕事が入っていたので、完全オフでなかったのが残念ですが)を利用して、だいぶクールダウンに成功しました。
 
 引き続き、がんばります。
 
 久しぶりに、ニュースから引用。
 
オバマ氏「広島に来てよかった」(時事通信)
 
 些細な記事ですが。こういう「人間の息遣い」が聞こえてくる記事って、いいですよね。
 
 広島訪問自体が大ニュースなわけですが。それよりも、そのことを、生身の人間であるオバマ氏自身がどう受け止めていたのか。
 
 あるいは、自身の名声づくりのため?ノーベル平和賞受賞者だからこそ、このタイミングでしか実現できない、などといった、アメリカの関係者による政治的思惑?など、週刊誌よろしく勘ぐったりもしてしまうわけです。
 
 だけどたとえ、そのような別のバイアスがかかっていたにせよ、生身の人間であるオバマ氏が「よかった」と漏らしていること。そして、わざわざこのような小さなことが記事になるということは、「よかった」と語るオバマ氏の姿が、側近→日本外務省→日本の記者と伝わっていくほどに、感銘深いものだった、ということなのでしょう。
 
 このニュースソースが記事になる経緯に、何らかのバイアスがかかっているとは、お人良しかもしれませんが、浜坂は考えないことにします。
 
 なんだかうれしくなったので、紹介することにしました。

|

« テレビ報道の「顔」相次ぐ降板… 各局「公正」注文で及び腰? | トップページ | ライブハウスを守れ!~真剣に考えなくてはみんなの居場所がなくなる »