« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月28日 (月)

「偏っていますが、何か」~その3~

 神奈川新聞が、安倍政権を批判的に検証するシリーズ記事を出したところ、「偏向報道をやめろ」との声が多数寄せられた。それに対して神奈川新聞が新聞週間の特集面に書いた「偏っていますが、何か」という記事が、大きな反響を呼んだ。

 

 いわく、「権力批判はジャーナリズムの役割」「言論の幅が狭まれば民主主義は根元から揺らぐ。そうであるなら、私たちが直面しているのは、新聞記者である以前に社会を構成する一員としてどのように行動するかという問題であるはず」「民主主義の要諦は多様性にある。ひとりひとり、望むままの生き方が保障されるには、それぞれが違っていてよい、違っているからこそよいという価値観が保たれていなければならない。それにはまず自らが多様なうちの一人でいることだ」と。

 

 浜坂が明確にしたいのは、政治的立場ではない。自民党政権であれば自民党を、民主党政権であれば民主党を批判するのは、「社会を構成する一員」として当然のことというスタンスを、明確に表明したいということ。考えにくいことだが、福祉を大切にしますと比較的大きくアピールしている公明党や共産党が、仮に第一党になって政権を担ったと仮定しても、それでも浜坂は声を大にして政権批判をやめないだろう。そして、そこで批判されるのを嫌がる政治家、ましてや政治批判を保障する制度そのものを破壊しようとする政治家は、もはや政治家の資格がないと言わざるをえないだろう。

 

 なぜなら、権力の座にいる、ということそのものが、すでに差別の構造を生み出しているから。

 

 権力を批判しない新聞なんて、読みたくもない。差別される側の立場に立たない者の言説など、聞きたくもない。

 

 どれだけ障がいがあろうとも。どれだけ病気があろうとも。どれだけいじめられていようとも。人間扱いされたい。ほかの人と同じように生きたい。こんな願いを否定する言説。「障がい者なんだから何もしなくていい」などという言説に、来年も立ち向かっていく。差別される者の声を潰し、人間らしさを奪っていく、権力の側に立つ差別的言説に、来年も立ち向かっていく。

 

 この立場を「偏っている」と批判されるのならば、それこそ神奈川新聞よろしく「偏ってますが、何か」と言い返そう。「だから空気など読まない。忖度(そんたく)しない。おもねらない。孤立を恐れず、むしろ誇る。偏っているという批判に『ええ、偏っていますが、何か』と答える」「ほかの誰のものでもない自らの言葉で絶えず論を起こし、そうして民主主義を体現する存在として新聞はありたい」。

 

 浜坂も、福祉を語る自らの言葉を持ち、差別のない社会を実現する存在として、大きくなりたい。ここに賛同する人が少なからずいるということを支えにして、来年もしっかりと生きていきたいと思う。

|

「偏っていますが、何か」~その2~

 少し障がいがあるだけで。少し病気になっただけで。少し生まれたところが違うだけで。少し人と違うだけで。少し、他人と欠けるところがある、ただそれだけで。

 

 かくも低所得に追いやられる者たち。不当に扱われる者たち。「普通の人」との境界に立ち、「普通」でないところを隠し、必死に「普通」である一群と共に過ごそうとする者たち。

 

 そんな中で、差別され、いじめられ、死を選ぶ者たち。そんな者を「死んで当然」と書き立てる、仮想空間。

 

もう、やめよう。こんなことをしているようでは、誰だって幸せにはなれない。

 

 仮想空間の住人の多くが、まだ学生だったころ。いじめによる自殺が社会問題にまで発展した頃。私たちは「少し人と違っていても、同じように人間扱いしてほしい」と、真剣に願ったのではなかったか。

 

 その願いもむなしく、今年もいじめを苦にして子どもが自殺するニュースが後を絶えなかった。

 

 願いむなしく、不当に扱われた者たちがテロリストに仕立て上げられ、最後まで悪者に書き立てられるまま死んでいくニュースが後を絶えなかった。

 

 「少し人と違っていても、同じように人間扱い」すること。「平等」「格差の解消」「貧困からの救済」。これこそが今、最も問われているにもかかわらず、この言説を、どういうわけか毛嫌いする者たちがいる。

 

 「自由がほしい」「平等がほしい」「こんな世の中は嫌だ」。小さな声が政治に向いたとたんに、その小さな声を、何か過激思想のごとく、吊るし上げる者たちがいる。

 

 差別主義者は、誰だ。

 

 おかしいことをおかしいという声を、許せないことを許せないという声を、片っ端から潰していく、差別主義者は、誰だ。

 

 権力の側に立ち、権力の無いものを、片っ端から潰していく、差別主義者は、誰だ。

|

「偏っていますが、何か」~その1~

 今年は、ブログを書く余裕もないほどに、心理的に追い詰められた1年だった。せめて最後くらい、自分の言葉で1年を締めくくりたい。

 

 職場である福祉の現場で、起きた事例。一人前に働きたい、というご本人の強い意思のもと、順調に社会復帰へ向けて取り組んでいた方に対し、あなたは障がい者なのだから働かなくていい、と言った別の作業所。

 

 ここへ来てのんびり過ごしていればいい、と言葉巧みに声をかけ、転籍を実現させ、社会参加から遠ざかる支援をした作業所。

 

 浜坂は、一生恨み続ける。いつか、必ず吊るし上げる。そして、人生をないがしろにする、このような事例がまかり通る現在の福祉の制度も、同時に必ず吊るし上げる。

 

 人間が豊かに生きることをないがしろにする制度を、私の力で変えられるくらい、私は大きくなってみせる。必ず大きくなる。

 

 障がい者は働かなくていい。何もしなくていい。ただそこにいて、ニコニコしていればいい。

 

 障がい者が社会の荒波にもまれる姿なんか、かわいそうで見たくない。働かなくていい。私たちが守ってあげる。

 

 間違っても町へ出て、余計なことをされては困る。障がい者は町へ出るな。俺の前に立つな。作業所の中でじっとしてろ。

 

 障がい者を「単独で行動させる適否など、保護者としての監督状況」が問われる、などという言説が、裁判の場で平然とまかり通る。

 

 みんな、みんな、善意の衣をまとった差別主義者だ。こんな思想があふれる世の中を、浜坂はこれからも糾弾し続ける。

|

2015年12月26日 (土)

「報ステ」古舘氏後任は富川アナ最有力 羽鳥&宮根待望論も…


「報ステ」古舘氏後任は富川アナ最有力 羽鳥&宮根待望論も… http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/25/kiji/K20151225011746520.html (スポニチ アネックス)
…「報ステ」には、むしろビッグネームに頼らず、堅実なニュースを伝えてほしいので、富川アナには大賛成。どうしてもビッグネームを、というのなら…
久米宏、戻って来い!
 
www.sponichi.co.jp
メーンキャスターを務める古舘伊知郎氏(61)の「報道ステーション」降板表明を受けて、後任にはテレビ朝日の富川悠太 ...

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »