« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月23日 (月)

ラストライブ。

大先輩であるミュージシャンの、活動休止前ラストライブ。
はじめて会った、もう10年以上前。ギターの指遣いを学びたくて、先輩のライブではいつも、ネックを押さえる左手をずっと見つめていた。
そして昨日のステージ。あの頃と同じく、先輩の左手を見つめる自分に気付き、おどろく。
あの頃の自分が、まだわずかでも残っていたことに、おどろく。そして、歯を食いしばる。
まだやれる。まだやれる。そう、言い聞かせる。
誰に? 先輩に?自分自身に?
まだ自分は、ステージに戻れる状態じゃあ、ない。
カタをつけて、いつか必ず、戻る。
そして、先輩が戻ってきたとき。また同じステージに立ちたい。
いい年をして、そんな青臭い夢が、またひとつ、できた。
ライブハウスからの帰り道。ウイスキーに酔った身体を電車に押し込めながら、そんな青臭い夢を、ドアのガラスに向かって、つぶやいてみた。
多忙を極める毎日の中で、このはかない夢を忘れないために、この場に書き記しておく。

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »