« お盆だからお墓参りに行くのです。「青春18きっぷ」で。その2 | トップページ | お盆だからお墓参りに行くのです。「青春18きっぷ」で。その4 »

2011年8月14日 (日)

お盆だからお墓参りに行くのです。「青春18きっぷ」で。その3

今年の5月に亡くなってしまった、ライブハウスのマスターが眠る都立多磨霊園。

多磨霊園は広いので、ふらふらになりましたが、こちらも何とか。ちゃんと交通手段を調べていかないと、長時間歩くハメになって、エラいことになるのです。

マスターが眠っているお墓は、霊園の北東部分の角っこにあります。というわけで、

京王「多磨霊園」駅で下車

→JR中央線「武蔵小金井」駅行きのバスに乗り(ま、反対にJR「武蔵小金井」駅で下車して、「多磨霊園」駅行きのバスに乗ってもいいのですが)

→霊園敷地内を突っ切って「試験場代書前」停留所下車

→霊園敷地内に徒歩で戻りすぐに左折、道路と霊園敷地内を分けるフェンス沿いのジャリ道を歩いていく・・・、というのがルートとしては正解ということになるのですが。

浜坂、霊園の敷地内をバスが突っ切っているうちに「あれ、本当に霊園を突っ切っちゃっていいのかな?」と不安になり、うっかりひとつ手前の「霊園中央」バス停で降りてしまう。

その名のとおり、霊園のド真ん中で降りてしまい、大変な距離を歩くことになってしまいました。

ただし、歩く途中で、フツーに「井上靖」と書いてある墓碑に遭遇したりして、ミーハーな浜坂は不謹慎にもテンションを上げてしまいながら、マスターのお墓に到着。ちなみにマスターは、「浅沼稲次郎(政治家)」、「岸田今日子(女優)」、「丸山眞男(政治学者)」のお墓と同じブロックで眠っていました。

東京のお墓参りの作法を知らなかったので、お水をかけてあげることさえできなかったけど、ま、許してくれるでしょう。

マスターに、今月20日にギターで披露する、友人の結婚式の余興が成功するよう見守っててくださいという、お盆に手を合わせてお願いする性質ではおよそ無いようなことをして、霊園を後にしました。

で、次の目的地は栗橋。これも浜坂の知人が眠るお墓です。

バスでJR武蔵小金井駅まで行き→(JR中央線)→西国分寺

西国分寺→(武蔵野線)→南浦和の「駅そば」で昼食

南浦和→(京浜東北線)→大宮→(宇都宮線)→栗橋

お参りを済ませ、栗橋→大宮のネットカフェでテレ朝の「スーパーJチャンネル」を見る。

すみません、市川寛子アナのファンなもので(笑)

「青春18きっぷ」だと乗り放題だから、悠々自適に使えるでしょ。まだまだ続きますよ。

|

« お盆だからお墓参りに行くのです。「青春18きっぷ」で。その2 | トップページ | お盆だからお墓参りに行くのです。「青春18きっぷ」で。その4 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事