« 心の中で三春の桜を想う。その2 | トップページ | 6月19日 cafe-BB 横塚マスター追悼ライブ セットリスト »

2011年4月14日 (木)

心の中で三春の桜を想う。その3

 今日の、福祉作業所のレクリエーション、鎌倉行きに参加できなかったメンバーが、ひとりいる。
 やまない余震に精神が不安定になってしまったメンバー。レクに参加したい、でも、怖くて外出ができない。
 レクに誰が参加したか、浜坂が留守番中の作業所はどんな様子か、気になって電話で聞いてきた、その声色は、明らかに沈んでいる。
 3月11日以降、メンバーたちの精神状態の乱れを思えば、休日に緊急出勤、ということも、今後大いに予想される。
 遥か北の国へ、今すぐにでも行きたい。でも行けない。そんな張り裂けそうな思いを、ぐっと沈めて……いや、行く勇気のない自分への言い訳か?
 ……ともかく、この藤沢の地で、震災と静かに向き合い、そして戦う。
 浜坂には、もう一ヶ所、前から見たいと思っている桜の風景があって。
 ・・・長い冬から醒めて、梅、桃、桜と、同時に三つの春が一気にやってくる、というのが町名の由来とも言われている福島県「三春」町。
 大学時代の先生が以前住んでいた町の、名所「三春滝桜」。そういえばまだ行ったことなかった、と思った瞬間に、つのる想い。
 三春滝桜 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%98%A5%E6%BB%9D%E6%A1%9C (ウィキペディア)
 だけど、今回は、心の中で想う桜、ということにする。必ずや、いつか見に行く。
 そのときを夢見て、この藤沢の地にも及ぶ、災禍と戦う。
 日常の風景こそが最も輝く、そう静かに主張する「江ノ電」。帰路に就きながら、気持ちを新たにする。
    

|

« 心の中で三春の桜を想う。その2 | トップページ | 6月19日 cafe-BB 横塚マスター追悼ライブ セットリスト »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事