« 【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その1 | トップページ | 【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その3 »

2010年10月 3日 (日)

【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その2

横浜の身売り騒動。北海道、仙台でのプロ野球球団誕生、そして新潟・・・?というプロ野球の「地方分権」は、先進例があります。サッカーJリーグです。

ここであえて話を変えますが、皆さん、はるか昔の話、サッカーJリーグが発足した当時、チームの本拠地に違和感を覚えた人はいませんか?

柏、市原、平塚・・・それまでプロ野球球団の本拠地が、最低でも政令指定都市レベルの大都市だったのに対し、このような小さな地方都市が本拠地となることに対して、「?」と思った人、いませんかね?

要するに、それまで企業リーグとして、集客を考えずに本拠地を設定していたためのものです(柏=日立、市原=JR東日本&古河電工、平塚=フジタ工業→KDDI)が、逆にこれが、Jリーグが掲げた「地域密着」の方針にピッタリ合致し、地域活性化に大いに貢献したわけです。

プロ野球に話を戻します。札幌はもともとジャイアンツが円山球場で毎年プロ野球公式戦を行うなど野球熱の熱かった場所。仙台も、かつてオリオンズ(話が古い!)が本拠地を持たない「ジプシー球団」と呼ばれていた時代に、「準本拠地」のようなカタチで身を寄せていた、プロ野球とは縁のある場所。

ここで横浜が、仮に新潟へ本拠地を移すとなると、プロ野球も企業の時代から地方の時代へという流れが決定する、ように見えますが・・・

浜坂には、単にJリーグの二番煎じにしか見えない。

|

« 【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その1 | トップページ | 【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その3 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事