« 広島が建さんの引退試合勝利で飾る | トップページ | 【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その2 »

2010年10月 3日 (日)

【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その1

プロ野球球団を保有する会社の変遷を見ていくと、そのまま時代の流れを読むことが出来まして。

大映、東映など、映画会社の時代。近鉄、南海、阪急、西鉄といった、「私鉄リーグ」の時代。

「百貨店からスーパー」の時代を象徴したダイエー。携帯、PCコンテンツという情報の時代を象徴したソフトバンク、楽天。

最近のプロ野球球団の歴史は、隆盛を極める企業の縮図というより、「中央から地方へ」という時代の縮図、ということも言えまして。北海道、仙台へ球団が移ったとき、盛んにそんなことが言われましたよね。

さて、横浜ベイスターズです。かつてこの球団は、水産会社マルハが所有していました。「なあに、クジラ一頭仕留めれば、選手の給料なんてすぐにまかなえる」というオーナーの発言は、そのまま時代を反映していますよね。まだ商業捕鯨が全面禁止されていない頃の話です。何ていったって球団名からして、「クジラ」を意味する「大洋ホエールズ」でしたから。

そんなホエールズがベイスターズと名を変え親会社も変え、現在の身売り騒動となっているわけですが。ひとつ疑問なんですが、「新潟」への本拠地移転話、言い出しっぺは誰なんでしょうね。

各種報道は出所を明らかにしていないので、変に勘ぐってしまうわけです。某新聞社のオーナーか、あるいは譲渡検討先の幹部か。

|

« 広島が建さんの引退試合勝利で飾る | トップページ | 【横浜身売り騒動】地方分権化の先を読む。その2 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事