« 20日、湘南台公園、セットリスト | トップページ | 広島が建さんの引退試合勝利で飾る »

2010年9月22日 (水)

仲秋の名月。

みなさんは見られましたか?東京・清瀬で働く浜坂は、夜6時、仕事中のクルマの中から見ました。

踏み切り待ち、通過する西武線の電車の上に見える月という、鉄道マニアにとって最高のシチュエーション!

・・・ですが、もし忙しさのあまり気づくことが無かったら、今は曇天の東京、名月を楽しめることは無かったでしょう。

あるいは、今年は雨天のために、月を見られなかった地域も多々あったことでしょう。

・・・ここ数年は、「季節を感じる」ことが、忙しさのあまりほとんど出来なくなっている浜坂ですが。

それでも、仲秋の名月は、確かに空に浮かんでいる。たとえ気づかなくても。たとえ雲にさえぎられても。

浜坂のブログ、一番最初の記事を、故郷、金沢の桜並木の写真からはじめたのも、何かの縁があるのでしょうね、

季節が長い長い沈黙の後、ほんの一瞬、輝きを見せるように。

私たちも、数ヶ月に一度、あるいは、何年に一度、ほんの一瞬の輝きが見たくて、いや、ほんの一瞬の輝きただそれだけのために、生きていける。

そのときに、確かに輝けるように。明日という日常を、生き抜いていくだけです。

|

« 20日、湘南台公園、セットリスト | トップページ | 広島が建さんの引退試合勝利で飾る »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事