« 九州新幹線:全線開業は来年3月12日と正式発表 | トップページ | 結婚式に「親子の絆」と「ふるさと」を想う。その2 »

2010年9月18日 (土)

結婚式に「親子の絆」と「ふるさと」を想う。その1

結婚式に「親子の絆」と「ふるさと」を想う。その1

 「実家にいると腐ってしまう」とまで発言したことのある男が、結婚式で涙を流しながら父親への言葉を口にすると、こっちまで泣いてしまいますよね。
 
 浜坂は、まさか新郎が披露宴でそんなかけがえのない場面を演出するとは知らず、ひたすら余興のジャニーズを練習していたわけですが(笑)
 
石川県出身の新郎。浜坂とは中学の同級生です。クルマ整備工場を営んでいた両親の影響で同じ職業を選ぶも、実家を継ぐのが嫌だと言って、愛知県へ就職。
 
 ただし、いつかは実家を継がなければという覚悟はしていた様子。そんなときに出会った新婦。
 
 一目ぼれだったということなんでしょうな、二回目か三回目のデートで、すぐにプロポーズ。
 
 彼女の方も愛知・岡崎の実家が家業を営んでいて、いずれは娘に家業を継がせようと親は考えていて。
 
 新婦は、「愛知県を離れることになる人とは一緒になれない」と、プロポーズを拒否。
 
 新郎は、石川県へ帰ることと、好きな人と一緒になることとを天秤にかけて、好きな人を取る。二人での生計を考え、愛知県内の別のクルマ整備工場へ転職。志望動機として「結婚を考えている人がいて、結婚生活を考えて御社を希望しました」と語ったエピソードを、職場の社長がスピーチで話してたっけ。
 
 新婦、新郎のあまりの熱意に「結婚サギ」を疑うも(笑)、次第に心を許していく。
 
 今度は、新郎が、自分の実家の両親を説得する戦いをはじめるわけです。「石川県には帰れんようになるけど、すまん、許してください」と。
 
 去年の年末、新郎は、まだ「結婚サギ」を疑っていた新婦を(笑)強引に石川県に連れて行き、両親に「こいつと結婚したいと思っとるんや」と報告。
 
 両親、彼女とは一切口を利かず、わずか数時間で愛知県へ帰してしまう。
 
 いったん彼女を連れて愛知県へ戻った新郎は、すぐに両親説得のために石川県へ再び帰省。
 
 正月明けて、浜坂はじめ毎年集まっている中学の同級生10人にも、「付き合ってる彼女がいて、結婚したいと思っとるんやけど」と相談。同級生一同は、そりゃ新郎には石川県に帰ってきてほしいから、「何とかならんのか」と新郎をなかば吊るし上げ状態。
 
 それでも新郎の意思が固かったということなのでしょう。「石川県と愛知県、どっちに行くかはまだ解決しとらんけど、そのことは保留にして俺はおまえととにかく一緒にいたい」と5回目のプロポーズ。新婦、ついに首を縦に振る。
 
 そういう問題があったもんだから、結婚式&披露宴の場所も、二人には縁もゆかりも無い、岐阜。「息子を愛知県へやるとまだ決めたわけではない」という新郎の両親と、「娘を地元から外には出さない」という新婦の両親に配慮して、ギリギリのところで決めた場所。
 
 浜坂、担当の余興の出来よりも、とにかくトラブル無く披露宴が終わることを切に願いつつ、披露宴会場に入る。
 
 しかし、トラブルどころか、ものすごいドラマが待っていたんですね。

|

« 九州新幹線:全線開業は来年3月12日と正式発表 | トップページ | 結婚式に「親子の絆」と「ふるさと」を想う。その2 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事