« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月19日 (月)

「トイレの神様」の植村花菜、上海万博で初の海外ライブ

「トイレの神様」の植村花菜、上海万博で初の海外ライブ - 速報:@niftyニュース http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/ameba-20100716-73964/1.htm

今頃この話題かよ!何日前の話題だよ!って、ツッコミをもらってしまいそうですが。

いいじゃないですか、「トイレの神様」、気に入ってるんだから(笑)

何がうれしいって。

ヒットチャートに登場する曲って、いわゆる「弾き語り」スタイルって、少ないんですよ。ましてや、ラブソングでもなんでもない、この「トイレの神様」のような曲が、ヒットチャートに登場する余地が、この国の音楽業界に存在していたんだ、という事実がうれしいのです。

「いい曲だけど、企画段階でNG」ということで、音源にすらならないケースって、ホント、多いですよね。

何を言いたいかというと、世に出ていないけれど、「トイレの神様」みたいに、物語的で泣かせるタイプのイイ曲ってのは、まだまだたくさんあるぜってことが言いたいんです。

こういう曲は、世に出ることが難しいので、こういう曲を作るミュージシャンは、はじめから世に出そうと言うモチベーションがありません。そこをすくい上げて、世に送り出すのが音楽業界に携わる者の社会的使命だと思うのですが、日本の音楽業界の感性がアホなものだから、なかなかそこが難しいんですね。

ですが、私みたいにほんの少しでも、歌う側の人間として音楽に関わると、「トイレの神様」に匹敵するくらい感動的な曲にいくつも出くわすんですね。

昨日、先輩のミュージシャンのライブを見に行って、改めてそんなことを考える。

皆さん、ヒットチャートに出ない曲でも、たくさんの曲が世に出ることを待っていて、かつ、ついに世に出ることなく消えていく、という現実があることを、知ってください。皆さんが住んでいる町で、同じ場所で活躍するミュージシャンの、レベルの高さを、知ってください。

「実力がないから世に出ないんだろ」なんていう批判に、真っ向から反論する。実力の良し悪し、曲の良し悪しとは別の、どうでもいいところで、音楽が判断されるという悲しい現実があります。

その結果、日本の音楽業界のセンスのなさによって、「じっくり聞く」タイプの数多くの名曲が排除される結果、「じっくり聞く」タイプの音楽を必要としている多くの人たちが、救われないままという現実があります。

たった一曲の歌の力で、人生のある時期、どうしようもなく救われた、という人は多いはずです。ですが、そういった、人の人生を救うほどのチカラを持った曲が、なかなか世に出てこないという不満を、浜坂はいつも持っています。存在するのに世に出てこないんです。

浜坂は知ってるぜ。そんな曲の数々を。自信を持って言える浜坂は幸せです。

そんな曲を歌うたくさんの先輩・同輩・後輩ミュージシャンに囲まれている浜坂は、幸せ者です。

そして浜坂自身も、そんな歌を歌っていけるように、いっそう精進します。

そんな決意を、昨日の先輩ミュージシャンのライブを見ながら、また、「トイレの神様」を繰り返し聞いて涙を流しながら、新たにする浜坂です。

|

他人のライブを見ると心に火をつけられますね。

昨日は、先輩ミュージシャン、田宮俊彦さんのライブイベントを見に御茶ノ水へ。

新しい職場で働きはじめて以来、音楽から遠ざかっている浜坂ですが、他人のライブを見ると、ちょっと心に火をつけられますね。特に、昨日のように、気持ちの入ったライブを見た後は。

浜坂は結局、終電を逃したあげく、池袋のネットカフェで夜を明かしました。ま、はじめからそうするつもりだったのですが。

そのかわり今日は完全に休養日です。

もう私は昔ほど若くはないので(笑)明日から、また。

|

2010年7月11日 (日)

ミュージシャンがオススメする歌。これぞ地域振興!「沼津みなと新鮮館」

ミュージシャンがオススメする歌。これぞ地域振興!「沼津みなと新鮮館」
ミュージシャンがオススメする歌。これぞ地域振興!「沼津みなと新鮮館」

こんな歌、作りたいねー(笑)
 
カッコイイんですよ、沼津が(笑)沼津なのに(笑)いや失礼(笑)ほめてるんですよ!
 
先輩のミュージシャンに教えてもらってから、ずっと欲しかったんですよ(笑)しかも、現地でゲットしたかったんです(笑)「沼津みなと新鮮館」。
 
うん、沼津に着いて、「乗り鉄」の目的を果たしてから、さあ、せっかくだから、沼津で何しようかな、と思ったときに、ひらめいたんですよ。うん、港なだけに、ヒラメいたんです。ごめんなさい。
 
沼津、うん?沼津!新鮮館!(笑)
 
この歌、沼津港に2年前にオープンした、「沼津みなと新鮮館」のテーマソングです。
 
「ムダにカッコイイ」とか、ネットでは様々批評があるようですが。その意見も分かります(笑)だけど、素直にカッコイイですよね。何よりインパクトがある(笑)だって、同じミュージシャンが、CD欲しさに足を伸ばしてしまうんですから(笑)
 
この歌の存在を教えてくれたミュージシャンいわく「去年のテーマソングで、今年新しいテーマソングが出来たので、去年のCDを無料で配布している」ということでしたが、現地に行ったら、去年のテーマソングも、今年のテーマソングと続けてガンガン流れてましたよ。やっぱり、よほどインパクトが強いのか、今年のテーマソングのインパクトが無さ・・・、いや、そんなことありません(笑)
 
みなさん、沼津へお越しの際は、ぜひ新鮮館へ!(笑)このCD、ゲットしてみてください(笑)
 
そして浜坂も、こんな歌、作りたいっ!(笑)

|

今日は「乗り鉄」の日!

今日は「乗り鉄」の日!
今日は「乗り鉄」の日!
今日は「乗り鉄」の日!

 「考え事は列車の中で」。思い悩んで煮詰まったら、遠出をする、つまり逃避行ですな。
 なんて言ったらカッコイイけど。うん、すみません、突然どうしても「特急あさぎり」に乗りたくなってしまって(笑)
 鉄道マニアなら、この気持ち、わかってくれるはず(笑)小田急新宿発、JR御殿場線経由沼津行き特急「あさぎり」。」
 しかも、小田急20000型ロマンスカーじゃダメだったんです。①JR「東日本」のド真ん中、新宿に乗り入れる②JR「東海」の車両、371系が、③「小田急」線内を走る、この姿、ステキですよね(笑)
 仕事、自分の音楽活動、仲間のミュージシャンのライブイベント・・・やりたいこと、行きたいところは多々ありましたが、うん、今日は「乗り鉄」の日だ!そうしよう!と決め込んで、沼津まで足を伸ばしてきました。
 
 うん、期日前投票、行っておいてよかった(笑)

 そして、列車の中で、ぼんやりといろんなこと考えたおかげで、少し客観的に自分を見つめることが出来ました。答えはまだ出ませんが、少し気持ちが楽になりました。

 ひとつだけ分かったこと。うん、やはり自分は鉄道マニアだ(笑)

|

2010年7月 3日 (土)

里帰り&期日前投票&大和ハギンズビー。

里帰り&期日前投票&大和ハギンズビー。
里帰り&期日前投票&大和ハギンズビー。
里帰り&期日前投票&大和ハギンズビー。
帰って来ました(笑)

「各停 本厚木行き」の文字を見ると、何だか胸が熱くなる浜坂です(笑)

転居して間もないので、今回は転居前の住所、座間市役所にて期日前投票です。

みなさん、投票には行きましょうね!

これから浜坂は、大和ハギンズビーへ向かいます。

久しぶりのライブ。いい一日になりそうです!

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »