« お礼状を投函するのが遅すぎる。 | トップページ | 「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン。〜その2〜 »

2010年3月13日 (土)

「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン。〜その1〜

 「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン。〜その1〜
 「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン。〜その1〜

過去の日記に挟んでおいた切符を片っ端からかき集める。
 
これだけしか取っておいてなかったか・・・
 
でも、浜坂は自信を持って言える。
 
この上野駅に集まった千人とも三千人とも言われるマニアの中で、浜坂の十数回を上回る乗車履歴を持つ人間は、そう多くないはずだ。
 
にわかマニアども、調子こいて「ありがとー!」なんて叫んでんじゃねーよ。大して乗ってもいないくせに・・・!!
 
・・・なんて書いたら、マニアの仲間たちから袋叩きに遭うことは分かってる。でも、こうでも叫ばないとやってられない気持ちが存在するってことも、マニアを自負する人なら分かってくれるはず。
 
許してください。
 
3月12日、夜。ダイヤ改正によって、この日最終運行を迎えるブルートレイン「北陸」、夜行急行「能登」を見送りに、浜坂は上野駅の人ごみの中にまぎれていました。

|

« お礼状を投函するのが遅すぎる。 | トップページ | 「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン。〜その2〜 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事