« 時代と向き合うって難しい~「ウェルかめ」最終回に寄せて・・・その4 | トップページ | 〜自分の生き方を振り返る〜明日は田宮俊彦@町田市立図書館! »

2010年3月28日 (日)

時代と向き合うって難しい~「ウェルかめ」最終回に寄せて~・・・その5

「学会発表で日曜日に東京に行くんだけど、泊まるところがないんよ。浜坂、頼む」と、京都の大学院にいる友人から、先週電話がかかってきた。

浜坂、「友人の結婚式で石川県に帰っている」とウソをついて、断ってしまった。

部屋が汚すぎて人を入れられないというのがひとつ。だけど、それ以上の理由がもうひとつ。

夢のスタートラインにすら立てずに、のたうちまわっているような浜坂が、夢のど真ん中を歩いている友に、どの面下げて会いに行けというのだ。

とは思ったのだが、「それでもあなたに会いたい」なんて普段歌っている浜坂。今日、あわてて部屋を掃除して、友人に電話をかけたのだが。

「遅いわ~、泊まるところなくて仕方ないからさ~、奮発して今日中に帰ろうと思って、もう京都に向かっとる新幹線の中だわ~。浜坂、この埋め合わせはいつか必ずしてもらわんとかんな~」と彼のふるさと名古屋弁でキツク言われてしまう。

許せ。

やってやるよ、埋め合わせ。待っとれ。

とは思うのだが、あてがない。

「『ウェルかめ』のモチーフ、ウミガメには、地球の磁場がわかるコンパスがある。だから広い海も、迷うことなく泳いでいける。人間にも、そういうものがあるんじゃないか。大切なもの、大切な場所、大切な人に出会って、心に持ち続けていれば、自分を見失うこともないはず」と、ドラマの脚本家は言うけれど。

浜坂、大切なもの、たくさん持ってる。大切な場所、たくさん持ってる。大切な人、たくさんいる。

だけど、面接に行く先々で「あなたの目指しているものって、ウチじゃないんじゃないの?」って言われる。

悔しい。

ドラマのようには、人生うまくはいかないんですよ。だけど、「悲劇のヒロイン」を気取るのも、もうおしまいにしたいんですよ。

いつになるんでしょうね・・・「ウェルかめ」が最終回を迎えるまでには、と思ってたのですが、その願いもかないませんでした。

引き続き、先の見えない旅を続けることになりそうです。

|

« 時代と向き合うって難しい~「ウェルかめ」最終回に寄せて・・・その4 | トップページ | 〜自分の生き方を振り返る〜明日は田宮俊彦@町田市立図書館! »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事