« 「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン〜その5〜 | トップページ | 時代と向き合うって、難しい~「ウェルかめ」最終回に寄せて・・・その2 »

2010年3月28日 (日)

時代と向き合うって、難しい~「ウェルかめ」最終回に寄せて・・・その1

NHKの朝ドラ「ウェルかめ」が最終回を迎えましたね。

浜坂の職場、8時半の始業時刻前に、休憩室でNHKの朝ドラを見るのが何故か慣例になってまして。浜坂もバッチリ見させていただきました。

地元を紹介するフリーペーパーを作る流れになったときは思わず、身近でストリートミュージシャンに関するフリーペーパーを作っている、オン・ザ・ストリート・レーベル(厚木)のことを思ってしまいました。代表・今井さんのやろうとしていること、あながち間違いでもないんですよね。ただ、スポンサーを集めたり、スポンサーが喜ぶ紙面を作る、ということがヘタクソなだけで。

大学時代から、「時代の流れと向き合う」仕事がしたいとわめいている浜坂。「世界とつながる編集者になりたい」と繰り返すヒロイン、波美に、自分を重ね合わせて見ていました。

|

« 「こんな俺でも夢を見ていた」教えてくれた証が消えた・・・「北陸」「能登」ラストラン〜その5〜 | トップページ | 時代と向き合うって、難しい~「ウェルかめ」最終回に寄せて・・・その2 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事