« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

【死なないでください。】その4

15年前、いじめを苦に自殺した愛知県西尾市の中学二年生、大河内清輝君。彼について、社会問題として扱うあまたの新聞記事ひとつひとつを胸に刻み付けながら、もう二度と耐えることはやめよう、自らの境遇にふて腐れるだけではなく、しっかりと「声」を発する、そんな人間を目指そう、そう誓ったはずなのですが。

15年経って、大切な友人の自殺に直面したとき、全く何も変われていない自分自身を思い知らされた。

人は、どんな辛い状況の中にあっても、空を見ないではいられない生き物です。上を向いて、夢を描いて、かくありたいと願う自分へ近づいていこうとする、本来はそういう生き物です。

そんな姿と反対の自分に気づいたときは、逃げてください。浜坂が、高校や大学時代にいまだにすがりつく一方、小・中学校時代をかたくなに拒絶するように。

いつか必ず、浜坂は福祉の世界へ復帰します。「声」を発することを仕事としてできる、誰ひとりとして、この社会は見捨てはしない、どんな人も幸せになる権利がある、と。そんな世論を作ることができる、そんな場所へ復帰します。

そういうところで、人は必ずつながりあえるはずです。だから。

友人の奥さんへ宛てる年賀状に、こんなたくさんのことを書けるわけがないので、結局書く言葉は同じです。「今年もよろしく!」

死なないでください。どんなに辛い毎日でも、それは必ずや未来への糧となるはず。いつか笑って振り返る日が必ず来る。だから。

死なないでください。「どうせ私は・・・」「仕方ないじゃないか」と、苦しさを「苦しい」と表現する言葉すら、あるいはその気力すら失いかけている人たちに、切なる祈りをこめて呼びかける。

死なないでください。「悲劇のヒロイン」というアイデンティティしか持てずに、そこから逃れたいと思いながら、ついに叶わずに人生を終えようとする、そんな人に呼びかける。

来年も、どうかよろしく。

来年もまた、期待と現実のはざまで苦しみながら、それでも自分の力で、生きて行きます。自殺してしまった、彼の分まで。

|

【死なないでください。】その3

思いばかりが先んじて、行動が伴わないのは、子どもの頃から何も変わっていない。だけど、逃げて逃げて逃げ続けて、浜坂は少しずつ、しかし確実に幸せになっている、そう信じたい。そう信じたいのです。

あの頃は、学校も、家庭も、最悪の状況でした。浜坂の生い立ちを話すと、泣く人も過去にいましたが、話したことを「また、やらかしてしまった」と後悔する一方、「たかがこれくらいのことで泣かないでほしい」と、さらにひねくれてみたり。あるいは、「お前の辛さなんてどれほどのもんだ」と、悲しい「不幸の競い合い」の議論にはまったりもしました。

「三人目なんか産みたくなかった」と、ひどい言葉を投げ付ける一方で、どこかの宗教で覚えてきた「家族を大切にしなさい」という、真逆の言葉を繰り返し説教していた、母の話。

そんな母の姿そのままに、「いじめられた、傷ついた!」と騒いでは、ますますいじめられた(当然だわな)、小学校、中学校時代の話。

アダルトチルドレン、いじめ、親が子どもを虐待するニュース、子どもが親を殺めるニュース・・・子どもをめぐる様々な報道がされていた時期。大学は教育学部にまで入って勉強したにもかかわらず、どこかで「自分は違う」と思いたがっていた。

高校、大学と、かなり生き急いだのは、あの子ども時代の反動なのでしょう。音楽とか詩とか、表現活動にのめり込んだのも、自分を語る言葉を持ちたいというSOSのサインでもあったのでしょう。ですが、そのおかげで、つながっていった人の輪は、今の浜坂を本当にあたたかく包み込んでくれています。

だから。いじめを苦にした中高生の自殺が相次いだあの時代を、生き延びた者、あるいはうっかり生き延びてしまった者として、言わなければいけないこと、やらなければいけないことがあります。

来年もまた、自殺者は3万人を超えるであろう、その中に、入ってしまうかもしれない人に、虚しくも呼びかける。死なないでください。

|

【死なないでください。】その2

今年こそは、今年こそはと浜坂が言い続けている、福祉の世界への復帰。今年も叶わなかった。

今の職場(工場)で、拒否し続けていた、大怪我の危険がある機械での作業。うまく言いくるめられて、少しずつ任されはじめていることが頭にきて、とうとう「今年度いっぱいで辞めます」と宣言してしまった。

大怪我して、転職すら叶わない体になったら、俺、今まで何のために生きてたの?って話になってしまう。そうなる前に、逃げなきゃ!

・・・と思ってたのだけれど、その後になって状況が変わり、すったもんだの揚げ句、辞意を撤回せざるを得なくなってしまった。

たくさんの人が、浜坂に、いろんな期待をしてくれる。ましてや、今、やらないとダメなんです、今、いてくれないとダメなんです、ということなんかを、間にはさんだりすると、もう訳がわからなくなってしまう。

自分にとってかけがえのないことであれば、どこへだって行く、何だってやる。ハタから見れば、音楽や鉄道マニアなんて、単なる遊びや贅沢にしか見えないかも知れないけど、浜坂にとってはとても大きな位置付けがあったり、自分自身や他人に誠実であろうとした結果のことだったりする。ただ、いかんせんマニアのやることなので、それが理解されにくいだけだと思う。

それすらできないというのであれば、人生を生きている意味がないとさえ思う。だけど、その全てをこなすのは、とても大変なことで。

みんなに心配されているレコーディングだって、浜坂自身もあせってるんです。

そりゃ、仕事辞めたら、レコーディングがストップする可能性も無くはない。でも、たとえすっからかんになって、実家へ強制送還されるハメになっても、レコーディングはその前になんとしてでも終わらせたい。

そんな危険な賭けをしてまで、今回は本気で仕事を辞めたかったのだけれど。浜坂の人生設計、また狂ってしまった。いつになれば、福祉の世界へ、戻れるのかなあ・・・実家のある石川の地で、充実していた福祉の仕事。それを辞めてまで東京へ来た、この選択は、間違いだったのかなあ・・・音楽と、福祉の仕事と、両方を追うのは、無謀だったのかなあ・・・

自殺してまで、教師としての思いを全うした彼に、今年こそは追いついて、「見たかコノヤロー!」なんて言いたかったのだが。なんだか彼に天国から笑われているようだ。「変わってないなあ、浜ちゃん!(笑)」なんて。

|

【死なないでください。】その1

今年、自殺してしまった大学の同級生の、奥さんから喪中の挨拶。

「こちらから新年のご挨拶はご遠慮いたしますが
年賀状のないお正月はさびしいものです
皆様からの年賀状は楽しみにお待ちしております」

自分は送らないけど、もらう分の年賀状は、よこせってか(笑)なんて図々しい(笑)

こんな喪中ハガキ、はじめて見た(笑)奥さんもまた、浜坂あるいは、自殺してしまった友人とは同じ大学、同じ学科の先輩後輩という関係で。なので、その若々しい雰囲気をそのまま持ち込んで結婚した、いかにも彼女らしい・・・という文面。

というわけで、「待ってます」と言われれば、書かずにはおれない、ハガキを前に、文面を考えている浜坂。

人生は楽しく、そして辛いもの。かけがえのない出会いがある一方で、上手くいかないことって、ホントにたくさんある。ということを、喜びと共に感じ、一方で、涙と共に思い知らされた、浜坂の、この一年でした。

|

2009年12月24日 (木)

ライナーノーツ【川崎球場】

先週、先先週と、たて続けにライブで歌った「川崎球場」ですが。

この詩、もともとは、もう5、6年前、浜坂がポエトリーリーディングなるものをしていたときに、作った詩です。

今回、大幅に加筆修正して、曲をつけました。

一体なぜ、今頃になって「川崎球場」?と思った人もいるでしょう。

今年、浜坂は、とても大切にしていた友人を亡くしてしまったわけですが、その友人、甲子園を目指していたほどの野球バカでした。

この友人のことを、「空」という曲でも歌っていますが、これ、かなり辛い曲なので、時と場所を選んで歌わなくてはなりません。

どんな場所でも歌えるような曲を、もうひとつ作りたいな、と思ったときに、ふと思い出し、本棚の隅から引っぱり出してきた「川崎球場」の詩。

その友人を「父」になぞらえて、逝ってしまった父との思い出を振り返る、という歌詞にしています。

このテーマ、しかし、浜坂が尊敬するミュージシャンの曲に、設定がそっくりなので、その人にお伺いを立てたりして、発表の次第となりました。

斎藤さん、ありがとう。

この曲を作ったことで、ようやく気持ちの整理がつけられそうな気がします。

来年以降も、折に触れて、歌っていきます。「デビューしたばかりの西武の松坂だけど・・・」という、亡くなった友人が、生前に酒の席で語っていた言葉を、さりげなくさりげなく歌詞に織り込んで。

歌いながら、みんなに気付かれないように、ひっそりと哀悼の意を捧げ続けようと思います。

|

2009年12月21日 (月)

20日、厚木一番街で歌いました。

セットリスト

1.あなたに会いたい

2.大聖寺駅

3.川崎球場

4.帰省

でした。

今年の浜坂の歌い納めです。みなさま、お世話になりました。来年も引き続き、よろしくおねがいします。

|

2009年12月14日 (月)

厚木一番街ストリートライブイベント、セットリスト

【セットリスト】

1.再会

2.大聖寺駅

3.川崎球場

4.旅の途中で出会った歌たち

でした。

今回は、年間ベスト10発表。浜坂、6位でした。

一年間の応援、ありがとうございました。来年も引き続き、浜坂とオンストをよろしくお願いいたします。

|

2009年12月11日 (金)

ラジオが聞ける!

職場同僚のテツヤさんが、連日の残業で疲れ切ってしまい、ヘロヘロだったので、今日は早く帰ろうということになりました。

奇跡だ!ラジオが聞ける!放送時間に間に合う!

というわけで、みなさまお騒がせしました(^O^)

|

今日のラジオの放送、誰か録音してー(泣)

今日は浜坂が参加した公開収録の放送日なのですが・・・

浜坂、その放送時間、たぶんまだ仕事してます(泣)

コミュニティーFM、「FMさがみ」を受信できる方、だれか録音をお願いします(泣)

FMさがみ 83.9mHz

22:00からの一時間、番組名は「MUSIC VOX」です。

お願いします!

|

2009年12月 7日 (月)

13日、本厚木で歌います

浜坂、次回のライブは13日、本厚木です。

【ON THE STREET LABEL.10th ANNIVERSALY LIVE】
厚木一番街商店街ストリートライブ【street.com】年間ベスト10ライブ

これに出るのにベスト10圏外ってことはないでしょ(笑)何位になるか、楽しみにしたいと思います。

日時:12月13日(日)、イベント開始は12時です。

場所:厚木一番街商店街特設ステージ(小田急「本厚木」下車歩7分)

お待ちしています!

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »