« マンモス、かなピー・・・~ミュージシャンとして考える、薬物のこと~ | トップページ | 「旅の途中で出会った歌たち」【浜坂主催野外コンサートのお知らせ!】 »

2009年8月16日 (日)

小田急5000形のフカフカした座席が好きなんですっ!!

小田急5000形・・・!!
小田急5000形・・・!!
小田急5000形・・・!!
年代物の車両が好きな浜坂ですが、昨日も小さな幸せに巡りあいました。

小田急5000形電車。ま、これはまだ、わりと頻繁に会うことができますけどねっ。

「小田原」「新宿」とかの行き先表示が運転席の上ではなく下にある、この車両。わかりづらいのですが、このタイプには「5000形」と「5200形」の2種類があります。

浜坂は、「5000形」が好きなんですっ!

わかりやすい違いは、窓と、シート。

5000形の窓枠は、アルミの2段窓。昔の電車によくあった、上下2枚の窓があって、下段の窓枠下、両サイドの止め具に手をかけて、上に持ち上げて窓を開ける、あのタイプのやつです。

5000形より後に登場した5200形は、そうでなく、ちょっと近代化されてしまったやつなんです。一枚窓で、アルミの窓枠が上部にしかついてなくて、その上部の窓枠に手をかけて、下に引き下ろすタイプなんです。

それは、レトロじゃなくて何だかつまんないんです。詳しくは、ウィキペディアで「小田急 5000形」と検索すると出てきますので、どうぞ。

で、ウィキペディアにも載ってない、もうひとつの違いが、シート、座席なんです。

5000形の座席は、昔ながらの、バネとかスプリングとかが中に入ってて、子供が立ってポニョポニョ飛び跳ねて遊ぶことが、できるやつなんですっ!!(力説)わかりますか、言ってることっ!

5200形はじめ、最近の電車はみんな、バネが入ってないから、飛び跳ねることができないんです、座り心地がカタくて仕方ないんです。

5000形は、バネが入ってるおかげで、座り心地がフカフカして気持ちイイんです。

で、またもや、人知れず座席をなでなでしたり、わざとお尻から勢いよく座って、バネの感触を楽しんだりと、そんなことをやっている浜坂です。さすがにこれは、あまり人が乗っていない時じゃないと出来ないことです(笑)

これは、マニアでなくても、わかってくれると思うんだけどな〜(笑)

|

« マンモス、かなピー・・・~ミュージシャンとして考える、薬物のこと~ | トップページ | 「旅の途中で出会った歌たち」【浜坂主催野外コンサートのお知らせ!】 »

鉄ヲタモード全開の話」カテゴリの記事