« 「ひまわりの咲く頃が、ボクの誕生日です」(『うちのタマ知りませんか』より) | トップページ | あぱおさん、許せ!広島カープが俺を呼んでいる。その2 »

2009年7月31日 (金)

あぱおさん、許せ!広島カープが俺を呼んでいる。その1

あぱおさん、許せ!広島カープが俺を呼んでいる。その1
あぱおさん、許せ!広島カープが俺を呼んでいる。その1
あぱおさん、許せ!広島カープが俺を呼んでいる。その1
10代最後の日。広島市民球場で負け試合を見たあげく、お好み焼き屋さんでヤケ酒しながら20歳の誕生日を迎え、平和記念公園で酔いつぶれて20歳最初の夜を明かした、そんな思い出の街でございます。

今、西へ向かう夜行列車「サンライズ瀬戸」の車中、熱海あたりにいます。鉄道マニアらしく、レールの上で20代を締めくくり&30代のスタートを切ります。誕生日の朝、途中の岡山で降り、普通列車に乗り換えて広島入りします。

「鉄ヲタ」は黙ってサンライズ。「カープファン」は黙ってズームズーム(笑)。

ホントは、外出せずに部屋にこもってレコーディングの練習とか、がっつりやりたい気持ちもあるのだけれど。

転職のこと、これからの身の処し方、いろいろ考えが煮詰まって訳分かんなくなっちゃったので。

こういうときは、鉄道マニア的には、「逃避行」と相場が決まってる。だいぶ前に買ったマツダスタジアムのチケット。計画通り、広島行き、実行させてもらいます。

あぱおさん、明日、藤沢まちかど音楽祭、行けなくてゴメンナサイ。マツダスタジアムの前から、応援していますので〜!

|

« 「ひまわりの咲く頃が、ボクの誕生日です」(『うちのタマ知りませんか』より) | トップページ | あぱおさん、許せ!広島カープが俺を呼んでいる。その2 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事