« 6月21日、あじさいのある風景。 | トップページ | お金にならないもののために、すべてを捨てることって、人にはある。音楽とか。 »

2009年6月26日 (金)

『路上のソリスト』を観た。

この映画、映画情報誌には、「楽器を演奏する路上生活者」としか書いてなくて、その言葉に興味を持って、観に行ったのだけれど。

正直言って、頭をひっぱたかれた感じがした。もっと早く、観るべきだった。

その「彼」の描写が、観る人間にとって、とても分かりやすく、かつ強烈なインパクトを持ったものとなってます。「その世界」を知る上で、非常によいテキストたりえる映画。そして、「彼」のような人たちとの関わり方を、正しく指し示してくれていると思います。

映画の中で「彼を『助けたい』というのが間違いだった」というセリフがあったけど、そのとおり、「彼」のような人と「付き合う、共に生きる」あるいは「支援する」とはどういうことか、なんて、深く考えさせられる映画です。福祉の世界と関係のない人にも、ぜひぜひ観てほしいと思います。

福祉の世界へ行きたい行きたいと、日頃から言っている浜坂。やられた。ホントにやられた。

いつもお世話になっている人が、最近映画にはまってて、なんて言うから、浜坂の映画熱にも、ひさかたぶりに火がついた。いやー、ありがとう、あなたのおかげです(笑)

|

« 6月21日、あじさいのある風景。 | トップページ | お金にならないもののために、すべてを捨てることって、人にはある。音楽とか。 »

鉄道マニアの思想・哲学。」カテゴリの記事