« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

6月4日は町田cloveへ!

6月4日、ON THE STREET LABEL.代表、今井利行氏の誕生日イベントが、町田cloveであります。

出演:13゜c(Ryozi)、生活便利グッズ、藤田岳弥、ほおずき、THE BORDERLINE、マル・パチーノ(ブロッケン・マニア)、谷山健太郎&ササ(ポップスタイル)、ALLaNHiLLZ(アランヒルズ)[あ☆ぅん]、neco★&タイチ[猫楽団]、鴻池 薫&アネラ[ハワイアン]、凪[CAREN]&紫蝶花、ほか多数

出演希望者が多すぎるので、浜坂が歌えるかどうかは微妙ですが(浜坂なんかより歌ってほしい人がメチャメチャいっぱいいるもんで)、歌うとしたら9時半以降の出演となります。

イベント自体は18時からです。

どうぞみなさま、お越しください!

| | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

5月30日、湘南台公園、セットリスト

湘南台公園青葉まつりにご来場のみなさま、ありがとうございました!

セットリスト

【1st.stage】

1.この町をふるさとと呼んでもいいですか

2.家路~南与野駅~

3.屋上から見る空(詞:小池尚司/浜坂英則)

4.再会

5.大聖寺駅

【2nd.stage】

1.あなたに会いたい

2.ブルートレイン

でした。

2nd.stage は、藤田岳弥さんとのユニットでお届けいたしました。藤田さん、毎回毎回気持ちのいいベースで、非常に気持ちよく歌えます。ありがとうございました!

| | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

特注!鉄道グッズ・展示用収納ウレタン

特注!鉄道グッズ・展示用収納ウレタン
特注!鉄道グッズ・展示用収納ウレタン
特注!鉄道グッズ・展示用収納ウレタン
うへへ、作っちゃったもんね〜!

浜坂の鉄道グッズ、ウレタンを削って、美しく収納してもらいました。ブルーのウレタンと、赤色の号車番号札とのコントラストが、お気に入りです。お部屋に飾るんだもんね〜!

あなたもいかが?

お問い合わせは
精密機器・展示品等
トランク等ケース収納&ディスプレイ用ウレタン加工
(有)佐野化工へ!http://www.sanokakou.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

【ライブ告知】5月30日、湘南台で歌います

5月30日(土)、湘南台公園青葉まつりにて、歌います。どうぞお越しください!

湘南台公園青葉まつり

会場:湘南台公園(小田急江ノ島線「湘南台」駅歩10分)

主催:湘南地域振興会

ライブステージ企画:オフィススカイ青木

浜坂は、11:30の出演です。

雨天中止の可能性が高いです・・・(笑)

|

2009年5月27日 (水)

「浜ちゃんは教師に戻んなきゃダメだよ」、か・・・

仕事終わり、友人からの電話。信じたくない知らせに、しばらく身動きが取れなくなる。

はっと我に返り、あわてて友人一同とともに埼玉・栗橋町の彼の実家に急行。変わり果てた姿に、言葉が出ない。

・・・ここ2週間ほど、浜坂からのメールの返信などが極端に遅くなっていたのは、こういう事情があったために、身辺かなりバタバタしたから。なにとぞ、ご了承ください。

大学時代の同級生が亡くなりまして。通夜・告別式も終わり、ようやく落ち着いてきた今になって、彼のことを思い出しては涙をこらえる時間がどんどん増えてくる。

「教育学部・小学校教員養成課程・教育学専修」。大学の、このクラスに入学した40人の中でも、彼は人一倍、教師への夢を語る男だったなあ。

「教育学専修」とは、教育哲学とか、教育財政学とか、要するに、「教育とは、学校とは、いかにあるべきか」をいろんな視点から研究する、そんな場所。だけど、浜坂の世代は、中学・高校のころに、いじめを苦にした同い年の奴がどんどん自殺していく、そんな世代だったから、「学校なんて、教師なんて・・・!」て奴も多かった。浜坂も、小・中学校と、いじめられっ子だったから。「新聞がいじめについて論評を載せるように、自分も自分の言葉で学校をたたいてやりたい!」って。そんな目的意識を持って、「教育学専修」の門をたたいた同級生が、浜坂を含めて、けっこういた。だから教師を目指す奴と、そうでない奴との間で、授業や、ゼミの場や、酒の席で、本当に語り合った、バトルした、熱くなった。

・・・そんな浜坂が、気づいたら教師になっていたのは、大学4年間通して、彼の思いを聞き続けたから。野球やってたけど、挫折して、今度は教師になって、子どもたちに野球教えるんだ、なんて繰り返し聞かされたら、「俺も・・・」なんて気持ちになる。結局現実に引き戻されて、一年で辞めたけど。

「浜ちゃんはえらい、途中で子どもを手放さずに一年間よく続けた」「浜ちゃんは教師に戻んなきゃダメだよ、浜ちゃんみたいな子ども好きは。どれだけ同僚の先生とウマが合わなくても(笑)」なんて、卒業後も頻繁に会うたびに毎回毎回彼に言われた。酒に酔うと同じ話ばかり繰り返す奴だった。「途中で子どもを手放しちゃダメだよ・・・」つい去年の年末に会ったときも、同じことを言ってたのだけれど。

そんな奴が、6年生の担任の子どもたちを置き去りにして、自ら命を絶ったなんて、今でも信じられない。彼が浜坂に言った言葉、全部彼に返してやりたい。

学校を変えたい、もっと良くしたいという気持ちが人一倍強かったから、体育主任、6年学年主任、生活指導と、一人で仕事を抱え込んで多忙だったのは理解できる。

県のモデル事業をどんどん積極的にやりたいと言っては、定時で帰りたい同僚の先生といがみあっていたのも理解できる。彼なら陥りそうなことだ。

だけど、それでも彼がもうどこにもいないというこの事実は、いまだに理解できない。

もうひとつ。彼の耳に届く場所で、わざと彼に届く声で陰口を毎日のようにささやいていたという一部の同僚の先生の存在は、絶対に理解できない。

そしてそんな先生が、「いじめはいけません」などと子どもたちに説いていたり、今現在、同僚の先生が自殺したことを受けて、子どもたちに「命の大切さ」を教えているということなんて、理解したくもないし、考えたくもない。

やさしい彼のことだ、同僚の先生を非難するようなことは、愛する子どもたちの手前、できなかったのだろう。遺書も何も残さずに行ってしまった。

今回のことで、またさらに、教師や学校というものがキライになった。だけど、一方で、閉じ込めていた思いに火をつけられたのも事実。

もう一度、子どもたちと向き合いたい。

「浜ちゃんは教師に戻んなきゃダメだよ」が、遺言みたいになってしまったもので。弔い合戦をしたいんだ。いや、教壇に立たなくてもいい。学校という現場でなくてもいい。あるいは、直接子どもと触れ合う職場でなくてもいい。

比喩的な表現として。子どもたちの真っ直ぐな、しかし冷徹に大人を見つめる瞳に、正面から向き合えるような活動をしたい。浜坂が教師を辞めて以来、音楽の場ではそれを実現しているつもりだけど、仕事という立場で、いいかげん実現しないと。福祉の世界にその夢を見て、画策してはいるのだけど、いい加減実現しないと。

浜坂が教師を辞めて以来、音楽以外の場では闘うことから遠ざかっていたけど、もう一度戻らないと。

大学時代。結論の出ない話でバトルして夜を明かした、そんな職場はないのか。浜坂は見つけたい。見つけて、「どうだ、オレはこんなに幸せになったぞ」と、彼を見返してやりたい。

それが、教師として最期まで戦い抜いた彼の「遺言」に、報いる道だと思う。

|

2009年5月19日 (火)

浜坂企画ライブします!

厚木市の中心市街地である商店街で開催されている音楽ライブイベント厚木一番街ストリートライブ!「street.com」開催!

☆6月14日(日)VOL.103 トレイン浜坂企画

~ようこそsongbirdミュージシャンの世界へスペシャル!

《ONST.10th Anniversary》

会場:小田急線『本厚木』駅北口、厚木一番街商店街通り奥の駐車場前ストリートにて

12時半スタート予定、雨天中止。

商店街の一角をお借りして行う、観覧無料のストリートフリーライブです。地域レーベルON THE STREET LABEL.(厚木)の企画により毎月1回開催、今年で7年目になります。

CD等の物販、ライブ告知の入ったチラシなど、ご自由にどうぞ。専用のカウンターもあります。

出演予定:songbird、ALISA、荒井りえ、谷山健太郎withポップスタイル、紫香己(しほり)、トレイン浜坂、あぱお、Indico169

司会:HIZUMI、音響:いがらし☆け~いち

※アンケートに恒例のプレゼント抽選会もあり! お楽しみに!

【企画ライブ、開催趣旨】
すでにご案内している方も多いと思いますが、今回の企画責任者トレイン浜坂の、高校の同級生でありますsongbirdが、去年からギターを手に音楽活動をはじめました。

これはぜひ、浜坂のホームグラウンドであるON THE STREET LABEL.に呼びたい!ということで、songbirdとその仲間たちをゲストとして招待することにしました。

路上ライブイベントという、songbirdにとって初となる舞台を経験することで、音楽活動の経験がまだ浅い彼女がミュージシャンとして成長していく糧になればと考えています。

ミュージシャンのみなさま、そして、ご来場のみなさま、どうか新たな才能の成長のために、力を貸して下さい!

★タイムテーブル

10時00分 スタッフ集合、音響設営
11時00分 ミュージシャン集合、合同ミーティング、リハ順次
12時30分~12時40分 司会
12時40分~13時10分 1.あぱお
13時15分~13時45分 2.荒井りえ
13時50分~14時20分 3.トレイン浜坂
14時25分~14時55分 4.songbird
15時00分~15時30分 5.紫香己
15時35分~16時05分 6. Indico169
16時10分~16時40分 7.谷山健太郎withポップスタイル
16時45分~17時15分 8.ALISA

↑出演者、出演時刻に変更が出ています。最新の告知を参照願います。

機材協力:オフィス=スカイ=青木

よろしくです。

~福引コーナーについて~
今回も、ライブイベント中、「福引コーナー」があります。毎回、出演者一組につき1ヶ、お客さまに対して、福引の景品を提供していただいています。

販売中の自作のCD、オススメの書籍、ぬいぐるみやアロマキャンドルといった、今あなたのマイブームとなっているモノなど、なんでも結構です。

ミュージシャンの方、提供していただけると幸いです。ご来場のみなさま、ゲットしていただけると幸いです!

運営主体:厚木一番街商店街振興組合


実務責任者:浜坂英則

後援:ON THE STREET LABEL.
(地域レーベル=神奈川・厚木、代表:今井利行)

☆ストリートから全国へ歌を届ける☆ http://onst.syncl.jp/

m(__)m

| | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

【雨天中止】本日のハートフルサンデーは中止致します

本日、出演を予定しておりましたハートフルサンデーは、雨天の為中止となりました。

ご来場を予定して下さっていたみなさま、なにとぞご容赦下さい。よろしくおねがいいたします。

| | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

【ライブ告知】5月17日、森の里で歌います

アコースティックライブイベント「ハートフルサンデー」に出演させていただきます。

場所:神奈川県厚木市森の里 若宮公園野外ステージ

13:00スタート 16:30終了予定 (雨天中止)

(出演予定)

ジョニー笹川

トレイン浜坂

ほおずき

谷山 健太郎

飛田 有詠

紫香己

お待ちしています!

| | トラックバック (0)

5月10日、厚木一番街、セットリスト

厚木一番街ライブにお越しいただきましたみなさま、ありがとうございました!

セットリスト

1.再会

2.東山線に黄色い電車が走っとった頃

3.あなたに会いたい

4.大聖寺駅

5.ブルートレイン

でした。

セッションコーナーでのRCサクセション「スローバラード」も、お楽しみいただけましたでしょうか?

やっぱりすみよしさんは、どこで見てもカッコイイ。

浜坂は、すみよしさんみたくカッコよくやりたいのに、なぜかお笑いに走ってしまうんです。どういうこと!?「しょうゆう(正油)こと!」と叫んで出した、お正油、カンペキにみなさんヒイてましたね(笑)

これからも修行しますわ。

| | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

えっ、明日すみよしさんと対バンなの!?

ちょっとぉ!聞いてないっすよぉ!浜坂にも心の準備ってものが・・・

☆5月10日(日)VOL.102~母の日スペシャル!
《ONST.10th Anniversary》


会場:小田急線『本厚木』駅北口、厚木一番街商店街通り奥の駐車場前ストリートにて

12:40-13:10 1、トレイン浜坂
13:15-13:45 2、増田拓
13:50-14:20 3、TETSUYA
14:25-14:55 4、紫香己
15:00-15:15 集合写真
15:20-15:50 5、すみよしたけし
15:55-16:25 6、谷山健太郎
16:30-17:00 7、あぱお

☆ストリートから全国へ歌を届ける☆ http://onst.syncl.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

【ライブ告知】5月10日は厚木へ!~史上最強のオープニングアクト~

5月10日(日)厚木一番街ライブ street.com VOL,102 ONST.10th Anniversary LIVE

小田急線「本厚木」駅北口歩7分、厚木一番街商店街奥特設ステージにて。

出演:谷山健太郎、紫香己、トレイン浜坂、TETSUYA、あぱお、増田 拓、他

MC:HIZUMI

12時半スタート 無料のストリートフリーライブです。

詳細はONST.まで。
http://onst.syncl.jp/

雨天中止ですが、今のところ大丈夫そうですね。浜坂はトップ、12:40の登場です。

うへへ、浜坂をトップにブッキングしたということは、とにかく場を盛り上げろという強烈なメッセージですな。「オンストが誇る鉄砲玉」またの名を「史上最強のオープニングアクト」、ばっちりやらせていただきますぜ(笑)

よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

【東山線に黄色い電車が走っとった頃】ライナーノーツ

へっへっへ、観光地宮ヶ瀬でやっちゃったもんね、駅長の帽子かぶっての「東山線・・・」。みんなびっくりしとったわね(名古屋弁)、お楽しみいただけましたかね~?

この歌は、浜坂が鉄道マニアになったいきさつをつづった、浜坂のルーツのような曲。

そして、浜坂が、自分のステージで「鉄道マニア」をネタにする、今のステージングスタイルのきっかけを作った曲。

もう何年も前でしょうね。浜坂、その当時勤めていた仕事が、まったく自分に合わなくてですね。でも、その当時は、そこで頑張っていこうと、まだ思っていたので。

自分なりに技術を勉強しようと思って、本屋さんに行って。大きな、7階くらいのフロアがある書店の、たしか5階、その仕事の専門書のコーナーへ行って、勉強のために本を買おうと思っていたんです。

書店に入って30分後。気づいたら、2階の「趣味・ホビー 鉄道」のコーナーにいる自分がいて。

鉄道マニアであることを、それまで隠して生きてきた浜坂。このときに「ああ!俺はマニアであることから逃げることができない!」と、悟りを開くわけです。

そのときに、考えました。「何でこんなに電車が好きなんだろう?」と。そんな風に考えていたら出来てしまったのが、この曲なのです。

これをはじめてライブハウスで披露したら、どっかんどっかんウケる。「ああ!俺はマニアであることを隠さないでいいんだ!」と、悟りを開くわけです(笑)

でも、この曲があまりにインパクトが大きかったもんで、これをきっかけに、浜坂はたくさんの先輩ミュージシャンと知り合うことができた(まともな人ばかりですよ!先輩たちは・・・)。そのおかげで、浜坂はウケを取らない曲もどんどん書けるようになった、ミュージシャンとして、大きく成長することができた(先輩に比べればまだまだですが。でも、これからもまだまだ伸びるでよ)。

そうやって、歌を続けていたからこそ、離れ離れになった友人とか、最近だと高校の同級生だとかと、再会することができたりして。石川県の高校だで、あんた東京で再会するなんてめったにないことだでね(「東山線」なだけに名古屋弁)

浜坂の人とのつながりを作ってくれた曲。これからもやりますでね。よろしくです。コスプレは、ほどほどにやります(笑)ええ、「やりません」とは言いません(笑)たまにやったら、これからも指さして笑ってやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月4日、宮ヶ瀬湖、セットリスト

5月4日(月曜・祝日)みどりの日・みやがせ in ONST.10th Anniversary LIVEに出演をさせていただきました。

セットリスト

【1st stage】

1.再会

2.スローバラード(RCサクセション)

3.North Bound Train ( Days )

【2nd stage】

1.この町をふるさとと呼んでもいいですか

2.東山線に黄色い電車が走っとった頃

3.あなたに会いたい

4.スローバラード(RCサクセション)

5.旅の途上で出会った歌が

でした。

主催の宮ヶ瀬湖畔園地商店街さま、企画・運営の Sound Crue SEND さま、そしてご来場くださいましたみなさま、感謝申し上げます。ありがとうございました!

(ON THE STREET LABEL.  http://onst.syncl.jp/index.php?p=live&id=5953)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

【ライブ告知】5月4日、宮ヶ瀬湖にて歌います

町田市民ホール、田宮俊彦ワンマンライブの興奮冷めやらぬ浜坂ですが。明日。浜坂も続きたい。

★5月4日(月曜・祝日)みどりの日・みやがせ in ONST.10th Anniversary LIVE

出演:トレイン浜坂、まいようすけ、輪(りん)、紫香己、他

会場:宮ヶ瀬湖畔園地大階段横の商店街ステージ

12時スタート 無料のフリーライブです。

どうぞお待ちしています。

| | コメント (0)

「裏 町田SPILITS」セットリスト

田宮俊彦ワンマンライブの」打ち上げライブ「裏 町田SPILITS」に出演させていただきました。

セットリスト

1.東山線に黄色い電車が走っとった頃

2.この町をふるさとと呼んでもいいですか

でした。

鉄道グッズ、小田急の行き先表示幕。みなさま、お楽しみいただけましたでしょうか(笑)

| | コメント (0)

町田市民ホールコンサート、お疲れ様でした!

5月2日、町田市民ホール、田宮俊彦ワンマンライブ。みなさま、お疲れ様でした!

スタッフとして関わらせていただいた者としては、「みなさま、お疲れ様でした!」というより、「みなさま、ご来場ありがとうございました」と、お客様を丁重に扱う言葉遣いをするべきなのでしょう。

しかし、あの日のライブは、歌を届ける者が歌を聴きに来た者をもてなす、という性質のものではなく、むしろ、関わった者すべてが、ミュージシャンとかお客とかいう垣根を超えてすべての人が、ライブという場を共に楽しむために、共に「闘った」、立派な「仕事」をした、その成果なのだ、そんなふうに思っています。これは、今回のライブを主催した「歌人会」の企画ライブ全体について言える「伝統」でもあります。「歌人会」を以前から知っている人であれば、必ず「その通り!」と、うなずいてくれると思います。ですよね?

主催者発表、来場者数500人以上。「地域で活動するミュージシャンを、地域の人が支え、応援する。自分たちが住む町を、自分たちの力で豊かにしていく」。『My Home Town』という公演タイトルには、そんな思いも含まれていると思います。そんなステキな目標の下にご来場いただいたみなさま。そんなみなさまと、そしてかけがえのない先輩ミュージシャンたち、仲間たちと、あの場所をスタッフとして共有させていただいたこと、深く感謝します。

だから、改めて、改めて言います。共に闘った、闘い抜いたみなさま、「みなさま、お疲れ様でした!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »